水虫….終わらない地獄のはじまり

※本文の前に…
骨折→ギプス→水虫…
になってしまった当ブログの筆者が自力で水虫を完治させた方法はこちら
↓  ↓  ↓

水虫の治し方〝最速〟で水虫を完治させる3ステップ



※以下、本日の記事の本文です。
↓  ↓  ↓

骨折から〜の水虫!

足の小指の骨折によってギプスを装着し、そのことが原因で、足の指の間が蒸れてしまい、僕は初の水虫を発症させてしまいました。

でも、厳密にいうと、この時の僕は本当に甘かった…

というのは、僕はこの時、自分が水虫にかかっていることを自覚していなかったのです。

足の小指の間の皮がむけていましたが、それはただ単に、

「あ… ギプスで足が蒸れて、それで皮がはがれたんだな…」

なんて風に、気軽に考えていたのです。

なので、ギプスをとったら、もう足が蒸れることはないし、皮も自然治癒して、元のキレイな足裏に戻るだろう… と。

 

大誤算…から〜の水虫!?

これが大きな誤算でした…

足の皮がむけていたのは、最初は小指と薬指の間だけでした。
↓  ↓  ↓

水虫・足の指の間(小指)
ところが時間の経過と共に、その範囲が拡がっていったのです。

え…!!!

とは、思いました。

でも、それが水虫だとは全く思っていませんでした。

なので、皮膚科に行くという考えも浮かびませんでした。

僕がしたことといえば、お風呂に入った時に、いつもよりも丁寧に石けんで足裏を洗う。

そうやって足裏を清潔に保てばきっと治っていくだろうと勘違いしていたのです。

ところがそれから数ヶ月がたち、夏が始まるころには、僕の足裏は、もはや単なる〝かぶれ〟と看過できないレベルまでひどくなっていました。

つまり、最初は、足の指だけにあった、皮の〝かぶれ〟が、足裏全体へと拡がっていたのです。
↓  ↓  ↓
水虫・娘も逃げ出す汚さ

これは、ちょっとまずいかな…

と、さすがに僕も思いました。
そんな時に、屈辱的な事件が起きました…

(つづきます)

 
次の記事はこちら
↓  ↓  ↓

水虫屈辱事件



水虫の人気記事

水虫の治し方〝最速〟で水虫を完治させる3ステップ